12:28 2017年06月25日
東京+ 22°C
モスクワ+ 9°C
    2025年までのロシア軍発展プログラム 発表は7月に

    2025年までのロシア軍発展プログラム 発表は7月に

    © Sputnik/ Natalia Seliverstova
    ロシア
    短縮 URL
    0 455113

    7月はじめ、ロシア国防省は2018年から2025年に向けた国家プログラムの最終案を明らかにし、最高指揮官と世論の審判を仰ぐ。ロシアのマスコミが報じた。

    スプートニク日本

    国家プログラムはこれからの7-8年間で軍備に加えられる新たな軍事機器、軍事技術の構成と数を規定し、21世紀の軍、航空軍、艦隊の今後の発展の指針を決めるもの。

    2025年までの国家プログラムの内容は現時点では機密とされている。ただしその全体的な輪郭は2月の時点でユーリー・ボリソフ国防次官が明らかにしており、ロシア国防産業の主たる課題として2020年までに軍の最新軍事機器の装備率を最高で70%にまで引きあげること、また最優先課題も従来どおり核抑止力と航空宇宙軍の手段とすることが公表されていた。

    国家プログラムではもちろん他の路線も考慮される。国防省内の情報筋が3月10日、リアノーボスチ通信に明らかにしたところによれば、同プログラムにはロシア航空宇宙軍用の地対空ミサイルS-500、第5世代ジェット戦闘機PAK FA、アルマータ共通戦闘プラットフォームも入れられている。一方で軍事専門家らからは財政カットの条件下では一連の航空プロジェクトは無期限で延期されるか、または実現化の期間が長くなるのではないかと懸念が表されている。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント