11:13 2017年12月17日
東京+ 8°C
モスクワ+ 8°C
    世界初の水上原発が2019年極東に

    世界初の水上原発が2019年極東に

    © 写真: Atomenergo
    ロシア
    短縮 URL
    31113

    水上原子力発電所のロシア最北の港、チュコトカ半島のペヴェク港での建設は国家プログラム「原子力エネルギー複合体発展」の特別な「極東」項目に含まれている。極東発展省の広報部の発表をロシアのマスコミが引用して報じた。

    スプートニク日本

    水上原子力発電所の発電量は70メガワットで稼動開始は2019年。

    ロシア連邦極東発展省のガルシカ大臣は「世界のどこにも実例のないユニークな施設ができる」と語っている。

    水上原発「アカデミック・ロモノソフ」はの工事は現在、最終段階にある。2基の原子炉は核燃料が投入できる状態で一連の実験の終了後、原発はペベク湾にまで牽引される。

    「アカデミック・ロモノソフ」原発施設には沿岸インフラ、水技術インフラも含まれ、このおかげで沿岸部に電気エネルギー、熱エネルギーを輸送することができる仕組み。

    またこの型の原発は従来型に比べて災害事故対策システムが付加され、より安全性が高く、工場での修繕作業も12年は行わなくてすむように作られている。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント