18:11 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-13°C
    ロシア、ティラーソン氏の要請でシリア上空での飛行に関する米国との覚書の効力を復活

    ロシア、ティラーソン氏の要請でシリア上空での飛行に関する米国との覚書の効力を復活

    © Sputnik/ Maxim Blinov
    ロシア
    短縮 URL
    290

    ロシアはティラーソン米国務長官の要請で、シリア上空での露米間の事故を回避するための覚書の効力を4月13日に復活させた。25日、イズヴェスチア紙が露外務省筋の情報として報じた。

    スプートニク日本

    露外務省の関係者3人はイズヴェスチヤ紙に「米国は、同国がシリアのシャイラト飛行場を突然ミサイル攻撃した後ロシアによって一時的に停止されていたシリア上空での事故を回避するためのメカニズムの機能再開をロシアに要請した」と伝えた。

    イズヴェスチヤ紙によると、「ロシアはこのティラーソン氏の依頼を受けて4月13日に覚書の効力を復活した」という。
    同紙は、政治家や専門家の意見として、ロシア側との調整の欠如は否定的な結果につながる恐れがあるため、米国はこのような行動を取らざるを得なかったと報じている。

     

    タグ
    シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント