20:33 2018年06月20日
ロシア シリアの学者に対する米国の制裁についてコメント

ロシア シリアの学者に対する米国の制裁についてコメント

© Sputnik / Vladimir Fedorenko
ロシア
短縮 URL
1113

ロシア議会上院国際問題委員会のコサチョフ委員長は24日、米国がシリアの学者たちに対し制裁を科したことについて、これは米国がシリアのイドリブでの出来事の調査に協力するのを拒否していることを示しており、世界政治におけるこのような行動は大惨事を伴うとの考えを示した。

スプートニク日本

コサチョフ氏は記者団に「すでに攻撃が行われ、制裁が科された。なおそこには、現場での事件の調査協力に対する米国の完全なる拒否がある。今回も我々は、制裁が実際の目的を達成するための手段ではなく、見せかけの決意のデモンストレーション(しかも「家庭用」のための)、罰を事実そのものにすり替える、あるいは罪や犯人は明白だとして調査を中止する試みであることを目にしている」と語った。

先に、米財務省の外国資産管理局が、シリア科学研究調査センターの職員271人に対して制裁を科したことが分かった。米国の情報によると、制裁対象となった職員らは、化学兵器の製造に関与したという。

タグ
米国, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント