08:01 2018年01月20日
東京+ 5°C
モスクワ-9°C
    ロシアの次世代亜音速ステルス爆撃機 初飛行は2025年から2026年

    ロシアの次世代亜音速ステルス爆撃機 初飛行は2025年から2026年

    © 写真: Ministry of defence of the Russian Federation
    ロシア
    短縮 URL
    282

    次世代亜音速ステルス爆撃機プログラム(PAKDA)の枠内で製造されるロシアの最新鋭爆撃機は、2025年から2026年頃に初飛行を行う。27日木曜日、ユーリイ・ボリソフ副国防相が伝えた。

    スプートニク日本

    ボリソフ副国防相は「我々は、2025年から2026年頃に初飛行ができると期待している。シリーズ生産は、2028年から2029年頃に始められるだろう」と述べた。
    最新鋭爆撃機は、ツポレフ95やツポレフ160といった戦略爆撃機に代わるものとなり、離陸重量は100トン以上、行動半径は約6千キロを誇る見込みだ。機体には、長距離超音速ミサイルを含めた兵器が装備される。

    PAKDAプログラムによるロシアの最新鋭爆撃機製造に向けた作業は、ツポレフ社が航空機の特徴の定義に取りかかった2009年に始まった。現在、開発を担当するツポレフ社は、詳細な設計作業を続けている。

    先の報道によると、ロシアとNATOの接触を維持することは、緊張関係が高まっている時期には特に重要

    タグ
    ロシア軍, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント