21:05 2019年01月20日
ロシア国民の大多数が祖国を誇りに思う

ロシア国民の大多数が祖国を誇りに思う

© Sputnik / Vasiliy Batanov
ロシア
短縮 URL
3171

ロシア国民の大多数が自分の国を誇りに思っていることが「レヴァダ・センター」が4月に実施した世論調査の結果、明らかになった。イズベスチヤ紙が報じた。

スプートニク日本

調査では75%の回答者が自分がロシア人であることを誇りに思っており、40%がロシアが第一に誇れることは豊かな自然と歴史と答え、37%が軍隊、29%が祖国の文化風土だと答えている。

一方で誇りを感じない人の数も増えている。2014年10月の時点で「自国を誇らしく思わない」と回答した人は18%だったのに比べ、現在その割合は25%にまで増えている。

世論調査は4月21日から24日にかけて1600人を対象に実施された。

先の報道によると、全ロシア世論調査センターによれば、生活の中で全くインターネットを使わなくても何も変わらないと考えているロシア人は、全体のほぼ半分の47%に上っている

タグ
調査, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント