16:35 2020年08月14日
ロシア
短縮 URL
193
でフォローする

ロシア連邦安全保障会議のアレクセイ・パヴロフ副書記は、ロシアでは過去5年、テロの性格を持った犯罪件数が10分の1に減ったことを明らかにした。パヴロフ副書記はこれはロシア領内におけるテロ活動の活発度が全体として着実に低下する傾向を示していると指摘している。

スプートニク日本

パヴロフ副書記は、安全保障会議がこの6月で創立25年を迎えるにあたって行った記者会見で「ここ数年で、ロシア連邦領内でのテロ活動の活発度は着実に低下する傾向が得られた」と語った。

「警戒予防、組織的な捜索、組織的戦闘行為といった複合策が図れた結果、テロ的方向性で行われる犯罪はこの5年で10分の1に減った。」

先の報道によると、テロ組織「アルカイダ」のリーダー、ウサマ・ビンラディン容疑者を殺したのは自分だと名乗り出た米特殊部隊「SEAL」の元隊員が、「テロリストNo1」のビンラディン容疑者の最後の瞬間をつづった回顧録を出版した

タグ
テロ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント