12:31 2017年05月30日
東京+ 25°C
モスクワ+ 12°C
    NI 米国が「対戦を嫌がる」ロシアの潜水艦について語る

    NI 米国が「対戦を嫌がる」ロシアの潜水艦について語る

    © Sputnik/ Vitaliy Ankov
    ロシア
    短縮 URL
    12832215

    ロシアの877型潜水艦「パルトゥース」は、ディーゼル・エレクトリック方式の潜水艦の中で最も優れたものの一つと考えられている。米海軍でさえも「パルトゥース」を相手に戦いたいとは思わないだろう。雑誌ナショナル・インタレスト(National Interest)のコラムニストで、防衛および国家安全保障分野の専門家のカイル・ミゾカミ氏は、このような見方を示している。

    スプートニク日本

    「パルトゥース」は、その特別な構造により、騒音がライバル艦よりも著しく少ない。生命維持システムは、最大2週間潜水することを可能としており、航続距離は7500海里(約1万4000キロ)で、ロシア海軍北方艦隊の基地からキューバまでの距離よりも長い。ミゾカミ氏は、このように指摘している。

    ソ連時代に建造された「パルトゥース」は近代化され、877型潜水艦「ワルシャワンカ」が造られた。「ワルシャワンカ」には巡航ミサイル「カリブル」の発射装置があり、これが、例えばテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」に対する作戦など、現代の紛争で同艦を使用する可能性を与えている。ミゾカミ氏は、このように指摘している。

    「ワルシャワンカ」は、世界の武器市場で高い需要がある。1990年代中期には中国が10隻を取得し、その後、中国の地政学的ライバルのベトナムが6隻を購入した。

    先の情報によると、中国は現在、新世代無音潜水艦を開発していると見ている。

    タグ
    露米関係, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント