14:56 2018年10月19日
ラブロフ外相

ラブロフ外相 米国連合軍のシリア軍空爆を厳しく非難

© Sputnik / Vitaliy Belousov
ロシア
短縮 URL
1244

ラブロフ外相は記者会見で「どんな理由があったにせよ、米軍司令部がこうした攻撃を行う決定を取ったことは違法であり、シリアの主権に対する重大な侵害行為である」と米国の攻撃を厳しく非難した。

スプートニク日本

米国率いる連合軍は18日夜、シリア南部のアトタンファ近郊でシリア政府軍に対して空爆を行った

シリア国防省は攻撃が行われたのは砂漠に駐屯するシリア軍で、これにより人的物的損害が出ていることを明らかにしている。

この前、ジュネーブで第6回目となるシリア和平協議が始まった。

タグ
空爆, アメリカ軍, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント