02:26 2019年07月20日
ロシア国防省 第5世代ジェット戦闘機の軍備時期を公表

ロシア国防省 第5世代ジェット戦闘機の軍備時期を公表

© 写真: Sukhoi Company (JSC)
ロシア
短縮 URL
0 172

ロシア軍は第5世代ジェット戦闘機開発計画のT-50(別称PAKFA、パクファ)を2年後の2019年に、最新の高射砲ミサイルS-500を3年後の2020年に軍備に加える。

スプートニク日本

ショイグ国防相は上院(連邦会議)で演説したなかでこの軍備について、「最新兵器による航空宇宙攻撃に効果的に対抗する力を引上げるもの」と明言した。

ショイグ大臣は「これらの計画の実現化で敵の全世界即時攻撃に堅い守りを築き、核に頼らずにいかなるハイテクの攻撃をも抑止を保障することができる」と語っている。

T-50(パクファ)はスホイ27に代替する第5世代戦闘機。

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント