20:26 2019年10月19日
北大西洋条約機構(NATO)

NATOはテロとの戦いで実質的に役立たず=専門家

© AFP 2019 / Brendan Smialowski
ロシア
短縮 URL
2152
でフォローする

テロとの実質的な戦いにおいて、北大西洋条約機構(NATO)は機構として実質的に役立たずで、この問題で大きな影響力を期待するべきでない。ロシア科学アカデミー欧州研究所欧州安全保障部長で、ロシア国際問題協議会の専門家のドミトリー・ダニロフ氏がそのような見解を表した。

スプートニク日本

ダニロフ氏は、間もなく開催するNATO首脳会議をテーマにした円卓会議の一環で、「NATOの問題は、領土防衛同盟として創設され、全く違う課題、つまり、ソ連への対抗や、根本的に違う脅威であるテロリズムや過激派への対抗とは全く異なる課題を持っていたことにある」と述べた。

ダニロフ氏は、現在の状況では「テロや過激派との戦いにおいて実質的に無益である、馬鹿でかい官僚的軍事機構」について語らざるをえないと強く主張し、次のように述べた。

「テロリストは『ネットワーク』の原則で活動しており、変わりゆく対抗策に常に順応している。しかしNATOは本質的に、冷戦時代の組織のままで残っている。何らかの適応の余地はあるが、当然、NATOが現在テロとの戦いに適応している(と言う)のはふさわしくない。」

この前、NATOが、ダーイシュ掃討に向けた米国主導の有志連合に参加する方向で調整していると明らかになった。

タグ
テロ, 冷戦, NATO
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント