20:00 2018年07月16日
露外務省 米国とウクライナの具体的な交渉開始の構え

露外務省 米国とウクライナの具体的な交渉開始の構え

© Sputnik / Valeriy Melnikov
ロシア
短縮 URL
0 52

ロシアは米国との間にウクライナに関する二国間交渉を開始する構えであり、ウクライナを担当する新たな米国代表の任命を待っている。ロシア外務省のセルゲイ・リャプコフ次官の表した声明をイズヴェスチヤ紙が報じた。

スプートニク日本

リャプコフ次官は露米の相互行動はミンスク合意の実現を促進するものの、ウクライナ側が遂行を望まないために合意は破棄、修正されているとの見方を示し、このために米大統領府はウクライナ政権と対話を行うことが必要不可欠だと述べた。

リャプコフ外務次官は「ロシアは米国との間にこの件を管轄する高官の代表レベルで具体的な話をする構えだ。このディスカッションがスタート次第、ロシアは再び自国の立場を米国側に明らかにする」と語っている。イズヴェスチヤ紙が報じた。

ウクライナ政権は2014年、ドネツク、ルガンスクの両人民共和国に対して全面的な軍事作戦を展開。ミンスクでのコンタクトグループの会談で採択された文書に関わらず、ウクライナ東部の戦闘行動は今も続いている。

タグ
ウクライナ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント