01:43 2018年09月22日
ペスコフ報道官

ペスコフ報道官、カタールをめぐる状況について発言 ロシアは他国の問題に干渉しない

Photo host agency
ロシア
短縮 URL
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
0 152

ロシアのペスコフ大統領報道官は、複数のアラブ諸国がカタールとの国交を断絶すると発表したことについてコメントし、「我々は他国の内政、今回の場合はペルシャ湾岸諸国の内政に干渉することはできない」と述べた。

スプートニク日本

ペスコフ報道官は「皆さんは、プーチン大統領が、我々は決して干渉しないこと、そして我々の問題に干渉されるのを好まないことを一度ならず強調したのをご存じだ」と述べた。

ペスコフ氏は、ロシアはペルシャ湾岸地域、そして各国との個別の関係を大切にしていると指摘し、「皆さんは、投資協力、貿易・経済協力、そして十分に敏感な分野での協力が活発に進んでいることをご存じのはずだ」と語った。

この前、バーレーン政府は5日「安全保障上の理由」からカタールとの国交を断絶を宣言。バーレーンにに続いてサウジアラビア、エジプト、アラブ首長国連邦もカタールと国交を断絶すると発表した。

トピック
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
タグ
戦争・紛争・対立・外交, ウラジーミル・プーチン, 中東, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント