01:29 2018年12月11日
ペスコフ報道官

ペスコフ報道官、カタールの「ロシアの痕跡」について語る CNNの情報には根拠がない

© Sputnik / Vladimir Astapkovitch
ロシア
短縮 URL
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
2161

ロシアのペスコフ大統領報道官は、カタールの通信社がハッキング被害に遭ったとする問題で、「ロシアの痕跡」が存在すると報道されたことにコメントし、CNNの「大量の報道」には根拠がないと述べた。

スプートニク日本

先にCNNは、カタールの通信社へのハッキングで、米国が「ロシアのハッカー」を疑っていると報じた。このハッキングにより、地域ではその後スキャンダルが発生した。

CNNは、匿名の米政府関係者の話を引用し、ハッキングの目的は、米国とその同盟国、特にカタールの間に緊張をつくりだすことだったと主張している。なお、そのいかなる証拠も提示されていない。

ペスコフ報道官は記者団に「これは、報道されているいつもの嘘だ。なお残念ながら、CNNの我々の同僚は、どこかの情報機関の、名前も分からない部門の、匿名の消息筋の情報等々を引用して毎回報道しており、すなわち、根拠がない。つまり、これはフェイクであり、フェイクはフェイクである」と述べた。

この前、プーチン大統領はNBCテレビのインタビューで米大統領選挙への介入について、西側諸国がロシア人だとしているハッカーは、「巧妙にプロフェッショナルに矢印の向きを変えた」米国のハッカーである可能性があると述べた

トピック
カタールをめぐる外交スキャンダル (52)
タグ
スキャンダル, ハッカー, 戦争・紛争・対立・外交, カタール, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント