06:51 2017年10月20日
東京+ 12°C
モスクワ+ 6°C
    サハ共和国で、ジャガイモを植えていた時にマンモスの牙が見つかる【動画】

    サハ共和国で、ジャガイモを植えていた時にマンモスの牙が見つかる【動画】

    © 写真: Maarten Takens
    ロシア
    短縮 URL
    0 20251

    サハ共和国のハンガラスキー群で、住民の男性が自宅の菜園で作業をしていた時にマンモスの牙を発見した。民族誌学者のプロコピイー・ノゴヴィツィン氏が伝えた。同氏は、現場を訪れて調査を行った。

    スプートニク日本

    牙を発見したエゴールさんは、ア・ノーヴォスチ通信に、「自分の畑でジャガイモを植えていた時、スコップの先に何か硬いものが当たった。木かと思ったが、その一部を掘り起こしてみると、まったく違うものであることが分かった」と語った。

    学生の調査隊と一緒に牙の一部を掘り出したノゴヴィツィン氏によると、牙の長さは約270センチ、根元の周囲は50センチ。

    ノゴヴィツィン氏は、ロシアのSNS「フ・コンタクチェ」で「我々の仮定によると、これは毛に覆われたマンモスの祖先のステップマンモスで、約40万年前のものだ。牙は非常に古く、劣化している。この発見は、非常に大きな学問上の価値を持っている」と伝えた。

    先の報道によると、米バークリーにあるカリフォルニア大学の生物学者からなる研究チームが、地球上からマンモスが絶滅した理由を挙げた。

    タグ
    歴史, 動物, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント