01:53 2017年10月19日
東京+ 12°C
モスクワ+ 12°C
    プーチン大統領ホットライン【アカイブ写真】

    プーチン大統領の国民対話 専門家の予測する狙いどころは?

    © Sputnik/ Alexei Druzhinin
    ロシア
    短縮 URL
    0 30471

    通算で15回目となる明日のプーチン大統領の国民との直接対話の主たる狙いについてスプートニクが専門家らの見解を調べたところ、次回の大統領選挙キャンペーンとこれについての大統領自身の声明に集約された。

    スプートニク日本

    専門家らはいずれにせよ対話の大部分は従来と同じく国の経済発展見通しに割かれるだろうと指摘している。

    専門家らはこのほかにも昨今活発さを増している反体制派の活動についてプーチン大統領はすでコメントを発表したものの、直接対話でも再度の回答にせまられる可能性も否定できないとしている。

    プーチン大統領の恒例の国民直接対話は明日、6月15日に実施される。ロシア大統領は国民の関心事に答える。

    2016年の国民との「直接対話」は3時間40分にも及んだ。対話中にプーチン大統領は80もの質問に答えた。電話やメール、SNSを通じて問いかけられたプーチン大統領への質問の総数は300万個に達した。

    タグ
    ウラジーミル・プーチン, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント