02:58 2018年09月26日
プーチン大統領 ロシアの選挙に介入したとして米国を非難する

プーチン大統領 ロシアの選挙に介入したとして米国を非難する

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
ロシア
短縮 URL
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
4291

ロシアのプーチン大統領は、15日にテレビ局Showtimeで放映されたオリバー・ストーン監督の映画「プーチン氏とのインタビュー」で公開されたインタビューで、米国はロシアの選挙に常に介入し、2012年の選挙では特にアグレッシブだったと述べた。

スプートニク日本

プーチン大統領は、米国はロシアの選挙に介入したことがあるかとのストーン監督の質問に、「2000年にも、2012年にも(介入した)。常にそれはあったが、2012年は特にアグレッシブだった」と答えた。

プーチン大統領は「細部には触れないが、米国のパートナーたちはそれを知っており、私はケリー氏(前米国務長官)にも、オバマ氏(前米大統領)にも話した。我々にとっては、外交官らがロシア国内の選挙運動にアグレッシブに加わったことを想像するのも困難だった。野党勢力を自分のもとに集め、資金提供し、野党のあらゆる集会に通った。外交を担当する部署は他のことに取り組むべきであり、国家間の関係を確立すべきだ」と述べた。

 

トピック
オリバー・ストーン映画監督が『プーチン氏へのインタビュー』を撮影 (17)
タグ
露米関係, 映画, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント