07:20 2018年09月19日
モスクワ 大祖国戦争当時を偲んで1418本のロウソクが点火

モスクワ 大祖国戦争当時を偲んで1418本のロウソクが点火 【写真・動画】

© Sputnik / Ilya Pitaliev
ロシア
短縮 URL
181

21日夜、モスクワのクルィムスカヤ川岸通りで大祖国戦争(第2次世界大戦)の総日数と同じ数の1418本のロウソクが灯された。このイベントは同戦争の開始された6月22日の「記憶と悲しみの日」を目前に控えて行われたインスタレーション。スプートニクが報じた。

スプートニク日本

イベントはキャンペーン「記憶のライン」の枠内で行われたもの。市民はロウソクを灯して、戦時中、自分の家族に刻印をおとした重要な1日を思い起こしている。

ナチスドイツとの戦いで命を落とした祖国防衛者を偲び、こうした行事がロシア全土および世界80か国を超える国々で営まれている。

​先の報道によると、100歳を迎えた第2次世界大戦従軍医のソフィヤ・ブリフソンさんは、戦争を語った

タグ
文化, 歴史, 第二次世界大戦, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント