05:31 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 11°C
    ロシア、保有する化学兵器の98.9%を廃棄

    ロシア、保有する化学兵器の98.9%を廃棄

    © AFP 2017/ Philipp Guelland
    ロシア
    短縮 URL
    3803150

    ロシアは、保有する化学兵器の98.9%を廃棄した。2017年末までに、有害物質を含有する残りの弾薬が廃棄される。ロシア連邦 化学兵器安全保管・廃棄局の広報グループが伝えた。

    スプートニク日本

    ソ連崩壊後、ロシアは4万トンの化学兵器を保有する世界最大の化学兵器保有国となった。

    化学兵器禁止に関する国際的な話し合いが始まったのは1968年。1992年11月30日に国連総会で化学兵器禁止条約が採択され、1997年4月29日に発効した。

    条約は、1925年のジュネーブ議定書を補完している。

    現在、化学兵器禁止条約の加盟国は192カ国。未加盟国は、エジプト、イスラエル(署名はしたが批准していない)、北朝鮮、南スーダン。

    タグ
    化学兵器, 武器・兵器, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント