03:24 2018年07月23日
ロシア中部の悪天候は気象兵器と関係ってやっぱりデマ?

ロシア中部の悪天候は気象兵器と関係ってやっぱりデマ?

© Sputnik / Dmitry Parshin
ロシア
短縮 URL
155

気象兵器はロシアにおける異常気象の原因ではなく、兵器の存在は原則的に不可能だとする見解を、ロシア科学アカデミー物理大気研究所の主任研究員、アレクセイ・エリセーエフ氏が13日の円卓会議で示した。

スプートニク日本

今夏の強い冷え込みを受けて、異常現象の原因が気象兵器だとする都市伝説が生まれた。

エリセーエフ氏は「気象兵器開発に関する研究は個人的には詳しくないが、あらゆる専門家に知られている大気の循環という概念が存在するため、そのような兵器の開発は原則的に不可能だと考える。地球全体の天候を変えずに一部の地域の天候を変えるのは不可能だ」と述べた。

エリセーエフ氏によると、気象兵器がいつの日か開発されたとしても、「兵器は狙われた相手だけでなく、兵器を用いた人に対しても向け」られる。

先の報道によると、モスクワの5月初旬の天気は「非常に寒い」ものとなった。

タグ
武器・兵器, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント