02:06 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ公式報道官

    ロシア 安保理決議から北朝鮮の首を絞める項目の削除に成功

    © Sputnik/ Maxim Blinov
    ロシア
    短縮 URL
    21515205

    ロシア外務省のマリヤ・ザハロワ公式報道官は、国連安保理で採択された朝鮮民主主義人民共和国に対する決議について、ロシアの求める原則的な要求はすべて考慮されたことを明らかにした。

    スプートニク日本

    ザハロワ報道官は、「草案者らが北朝鮮国民の喉元を絞める手段として作った決議案から絶対に容認できない項目を短期間で削除することに成功した。例えば労働移民の国外への強制追放などは人道的な見地に反している」と語った。

    ザハロワ報道官は、「ラジンにある民間の露・北朝鮮合弁企業を従来通り制裁から外すことに成功した。また国際海洋法に照らし、公海を航行する船舶を力を行使して拿捕するという要求部分を決議に含めるないよう阻止した。制裁委員会のプロセスに応じて制裁対象となる二重用途物品リストの拡大について整理し、この他、石油禁輸についての項目を削除された」と説明している。
    ザハロワ報道官は全体として、「ロシアが決議案に対して求めた原則的な要求項目はすべて考慮され、草案者は我々の考えていたレッドラインを越えなかった」と指摘した。

    これより前、ロシア下院は米国案の北朝鮮決議を巡って支持条件を明示した。

    タグ
    核問題, 戦争・紛争・対立・外交, 制裁, マリア・ザハロヴァ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント