11:49 2018年10月21日
シモニャン編集長

RT編集長、米国の行動について語る 彼らは私たちを国から追い出そうとしている

© Sputnik /
ロシア
短縮 URL
1012

テレビ局「ロシア・ トゥデイ(RT)」のシモニャン編集長は1日、テレビ局NTVのインタビューで、米当局によるRTへの圧力について、最悪の事態に進展した場合、RTは米国から去ることになると述べた。

スプートニク日本

シモニャン編集長は、「事実上、彼ら(米国)は私たちを国から追い出そうとしており、彼らは今、私たちを仕事ができない状況に置いている。これが、ほめそやされた言論の自由だ。なぜ彼らはそんなことをするのか?それは、我々が別の視点を示し、それが彼らの選挙に影響したように彼らには見えるからだ」と語った。

またシモニャン氏は「最悪の場合、我々は米領土から去り、もう米国で放送することはなくなる。最悪の場合、ロシアは米メディアに対して同じように対応する。(だが)私はジャーナリストなので、それを望んではいないが」と述べた。

なおシモニャン編集長は、事態がこのように進展した場合、米国などの視聴者と交流するために、RTは別の利用可能なあらゆる手段を用いると指摘した。

先の報道によると、米国議員がロシアのラジオ「スプートニク」による米大統領選挙「介入」で捜査を求めている状況を受け、「スプートニク」及びテレビ局RTのマルガリータ・シモニャン編集長はコメントで応酬した。

タグ
スプートニク, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント