04:30 2018年11月19日
ウラジオストク

電子ビザ 2ヶ月で沿海地方に1800人の外国人が入国

© Sputnik / Vitaliy Ankov
ロシア
短縮 URL
151

8月1日から18カ国の市民がウラジオストクの国際空港か自由港を通り、取得手続きが緩和された電子査証(ビザ)でロシアに入国できるようになった。2ヶ月で16カ国の3145人が電子ビザを取得。最も多く電子ビザを交付されたのは中国人で、1610件だった。2番目は日本で1081件。3番目に多かったのがモロッコだった。極東発展省が明らかにした。

スプートニク日本

他13カ国はアルジェリア、インド、シンガポール、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、メキシコ、トルコなどとなった。北朝鮮からの観光客も5人交付された。

観光客は入国4日前までにサイト上で申請可能。ビザの有効期限は30日。主に申請されたのはシングルのビジネスビザ、観光ビザ、文化交流ビザとなった。2018年1月1日からは電子ビザでカムチャツカやサハリン州も訪問可能となる。そのために、鉄道や自動車道を含む11箇所の国境検問所が新たな体制で稼働する。

関連ニュース

2018年の露日観光交流人口22万人に 明日、覚書が調印

日本へのロシア人観光客が爆発的に増加

タグ
観光, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント