23:47 2018年12月19日
ロスツーリズムのサフォーノフ長官

露日両国 2018~19年を観光交流年に

© Sputnik / Evgeny Biyatov
ロシア
短縮 URL
0 60

ロシアと日本が2018~2019年にかけて互いの国への観光を促す「観光交流年」の実施を計画していると、ロシアの連邦観光局(ロスツーリズム)が発表した。

スプートニク日本

ロスツーリズムのサフォーノフ長官によれば、この決定は海外への観光促進を目的とした日本政府の政策と、サッカーのワールドカップが2018年にロシアで開催されることを考慮したもので、今回の観光交流年の実施はロシアへの国外からの観光の発展にとって戦略的意義をもつという。

2017~2019年にかけてのロスツーリズムと日本政府観光局(JNTO)の協力計画では、2019年までに互いの国への観光客数を25万人にまで増やす目標を掲げている。

現在日本政府は海外への観光を促す政策をとっており、2020年までに日本から海外へ旅行する観光客の数を年間3千万人にまで増やす目標を立てている。

現時点で、海外への日本人観光客の数は過去10年の間変化しておらず、年間およそ1800万人となっている。

関連ニュース

新プロジェクトJapanFriendly-ロシアは日本人観光客に快適さを提供

「茶屋」でロシアへ観光客誘致

タグ
スポーツ, 文化, 露日関係, 観光, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント