11:27 2018年07月18日
カスペルスキー氏

カスペルスキー スパイ行為で同社製品が使用されたとする証拠の提出を求める

© Sputnik / Sergey Guneev
ロシア
短縮 URL
171

ロシアのコンピューターセキュリティ会社「カスペルスキー・ラボ」は、米国の機密文書を見つけるために同社の製品が使用されたとするマスコミ報道を否定し、証拠の提出を求めている。「カスペルスキー・ラボ」が、通信社スプートニクに伝えた。

スプートニク日本

先に米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは消息時の話として、ロシア政府が米政府の文書や「トップシークレット」扱いの情報を見つけるため世界中のコンピュータに密かにアクセスするために「カスペルスキー・ラボ」のウイルス対策ソフトを使用したと報じた。

また米紙ニューヨーク・タイムズの消息筋の情報によると、ハッカーらがロシア政府の指示に従い「カスペルスキー・ラボ」のプログラムを使って世界中のコンピュータを監視していた事実をイスラエルの情報機関が明らかにした。イスラエルのハッカーらが「カスペルスキー」のシステムに侵入し、ロシアの監視について米国に警告したという。

「カスペルスキー・ラボ」の代表者は、ニューヨーク・タイムズやその他のマスコミの記事に書かれている状況と同社は関係なく、これに関するいかなる情報も持ってないと伝えた。

また「カスペルスキー・ラボ」の代表者は、同社にはそのいかなる証拠も提出されていないため、これらの根拠のない報道について独自の調査を行うこともできないと述べ、「もし同社のインフラが第三者によって使用されたという何らかの兆候があったならば、我々は、その確認された情報を持っている人々に、それを私たちに提出するよう求める」と語った。

「カスペルスキー・ラボ」は、確証のない主張が会社のイメージに影響を与え続けているのは非常に悲しい状況だとの考えを表した。

関連ニュース

カスペルスキー氏「仮想通貨はよいアイデアだ。世界がこれに対応できるようになるのはあと300年ほど後だろう」

カスペルスキー 米国土安全保障省の非難に書面回答へ

タグ
露米関係, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント