12:37 2019年11月13日
RTとスプートニクのシモニャン編集長がTwitterの決定に遺憾「ロシアの報復措置はありうる」

RTとスプートニクのシモニャン編集長がTwitterの決定に遺憾「ロシアの報復措置はありうる」

© Sputnik / Iliya Pytalev
ロシア
短縮 URL
欧米で迫害されるロシアメディア (42)
3133
でフォローする

ロシアトゥディ(RT)およびスプートニクのマルガリータ・シモニャン編集長はTwitterがRTとスプートニクの所有するアカウントの広告を禁止する決定をだしたことにコメントを表し、この措置は、特にロシアが米国のマスコミに対して行いうる報復措置を考えた場合、遺憾だと述べた。

スプートニク日本

「正直いいますとTwitterを運営しているのは米国の特務機関だという説を今まで信じてはいませんでした。これは悪だくみ的な理論だろうと思っていたのです。ですがたった今、Twitter自身がこのことを認めましたね。極めて残念です。特に、ロシアにいる米国マスコミがこれからロシアの『優しい』報復措置を存分に味わうことになられるかと思うと、まことに残念でなりません。」シモニャン編集長はこう述べた。

26日、米国に本社を置く情報サービス「Twitter, Inc.」はロシアのマスコミのRTとスプートニクが所有するアカウントから広告を削除する決定をとったと発表した。Twitterはこの決定について、2016の米大統領選挙への「ロシアからの情報局の干渉」に独自の調査を行った結果、とられたものと説明している。ロシアが行ったとされる「干渉」および疑惑の持たれているトランプ大統領とロシアの関係はホワイトハウス側もクレムリンも双方が否定しているものの、米連邦捜査局(FBI)および米議会で行われている。ロシアは米大統領選挙への影響力行使があったとする嫌疑を幾度も否定している。

トピック
欧米で迫害されるロシアメディア (42)
タグ
露米関係, ツィッター, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント