04:19 2018年06月24日
「悲しみの壁」

プーチン大統領、「政治弾圧による犠牲者追悼日」に記念碑「悲しみの壁」を除幕【写真】

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
ロシア
短縮 URL
3180

10月30日は「政治弾圧による犠牲者追悼日」にあたる。ロシアではこの日、ソ連のスターリン恐怖政治の時代やその後に不当に弾圧され、強制・労働収容所に送られたり、追放されたり、命を奪われたりした大勢の人々に思いを馳せる。

スプートニク日本

1974年10月30日、モルドヴィアとペルミの収容所で囚われた人々が、ソ連の政治弾圧への抗議の印としてハンガーストライキを始めた。この日が後に「政治弾圧による犠牲者追悼日」となった。

30日、モスクワ中心部では政治弾圧の犠牲者追悼記念碑の除幕式が行われ、プーチン大統領が出席する。

「悲しみの壁」と名付けられたこの記念碑は高さ6メートル、長さ30メートルのシルエット風のブロンズ製の両面レリーフで、上の方向へ向かうたくさんの人間の姿が描かれている。

  • 「悲しみの壁」
    「悲しみの壁」
    © Sputnik / Iliya Pitalev
  • 「悲しみの壁」
    「悲しみの壁」
    © Sputnik / Grigoriy Sisoev
  • 「悲しみの壁」
    「悲しみの壁」
    © Sputnik / Grigoriy Sisoev
1 / 3
© Sputnik / Iliya Pitalev
「悲しみの壁」

また記念碑の両面にブロンズ製のプレートがあり、様々な言語で「覚えて(忘れないで)」と刻まれている。

記念碑の周辺には、弾圧時代に収容所や銃殺が行われた場所があったロシアの58の地域からモスクワに運ばれた天然石170個以上が置かれた。そこには、例えばヴォルガ川のルイビンスク貯水池の底から引き上げられた石なども含まれている。

タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント