09:00 2018年09月26日
アクラ

研究員、「クリミアのアトランティス」滅亡を予測【動画】

CC BY-SA 3.0 / Derevyagin Igor / (Own work) Cropped Photo
ロシア
短縮 URL
220

ロシア人研究者が、2000年前に海中に沈んだクリミア半島にある古代の町アクラが崩壊する恐れがあるとして、その原因を挙げた。テレビ局「ズヴェズダ」が報じた。

スプートニク日本

アクラは現在のクリミア半島に位置する、紀元前6世紀末から紀元後4世紀まで存在した古代ギリシャの港町。ケルチ海峡の南端にあったが、およそ1500年前に起きた黒海の水位上昇により、水深4メートルの水の底に沈んだ。

研究者によると、一連の地震によりアクラが破壊される可能性がある。リスク地域には沿岸のリゾート地やクリミア半島の東部沿岸が入っている。

ロシア科学アカデミーのオットー・シュミット地球物理学研究所地震予測研究室のアレクサンドル・ラリコフ研究員は、地震が「確実に起きる。数世紀前のような地震がもう1度」と述べた。

地震の正確な発生時期は現在のところ挙げられないが、2000年代には起きないと見られている。

関連ニュース

米を「消し去る」イエローストーン大火山は予想より早く目覚める=学者

古代遺跡の最良の保存方法は… モヘンジョダロ埋め戻しが決定【写真】

タグ
地震, 歴史, クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント