03:21 2018年09月25日
新型弾道ミサイル「イスカンデルM」

新たな改良型ロシアミサイル発射の映像が登場【動画】

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
ロシア
短縮 URL
0 150

タジキスタンで行われた集団安全保障条約機構(CSTO)の演習で、新型弾道ミサイル「イスカンデルM」がテストされた。

スプートニク日本

ロシア軍の報道官によると、イスカンデルMは、タジキスタンのリャウル・ミサイル発射場から130キロ以上離れた対象に向けて発射された。テロリストのキャンプを想定した標的は破壊された。

報道官は、今回の発射によってミサイルの精度と検出システムによる探知のされにくさが向上したことを裏付けると説明した。

CSTOの演習は20日まで続く。演習には機構の全加盟国の部隊やユニットが参加。5000人の兵士や60機の飛行機・ヘリコプター、1500個以上の装備と特別な機器が用いられている。

関連ニュース

ドバイ上空でロシアのロケット目撃の報道【動画】

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント