01:53 2019年06月25日
プーチン氏

プーチン大統領 第1子誕生から毎月の支援金交付を提案

© REUTERS / Yuri Kadobnov
ロシア
短縮 URL
1152

プーチン大統領は出生率向上の刺激先として第1子が生まれた家庭への毎月の支援金導入を提案した。プーチン大統領の提案する支援金額は毎月平均1万500ルーブル(およそ2万400円)で1歳半未満まで続けられる。

スプートニク日本

支援金額は児童の最低生活費の額に従って変化するものの、2020年には1万1143ルーブル(およそ2万1240円)に達する見込み。ロシアはこれからの3年で新生児たちに合わせて1445億ルーブル(およそ2754億円)を拠出する。

プーチン大統領はこうした支援金を年明けの2018年1月から開始することを提案している。

ロシアは出生率引き上げへの刺激策として、第2子誕生の際に一時金として渡す「母親資本」を2007年から導入している。「母親資本」は第3子以降にも支払われるため、子沢山家族には朗報となった。この平均額は当初の25万ルーブル(およそ47万円)から45万ルーブル(およそ85万円)にまで引き上げられている。

ロシア統計局の調べでは2007年の時点で母親一人当たりが一生涯で産む子どもの数は1.4人だったのに比べ、2015年にはこの数値は1.78人に増えたものの、翌2016年には1.76人に減っている。

関連ニュース

プーチン大統領 結核調査ネット創設のBRICSの計画に賛同

タグ
子供, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント