21:48 2018年10月18日
ジェド・マロース

ロシアの「サンタクロース」 独自の仮想通貨をつくりたい

© Sputnik / Ramil Sitdikov
ロシア
短縮 URL
0 34

ロシアの新年のシンボルで、ヴェリーキー・ウスチュグに住むロシア版サンタクロースの「ジェド・マロース(厳寒のおじいさん)」が記者団に、友人のアドバイスで独自の電子マネーをつくりたいと思っていると語った。

スプートニク日本

ジェド・マロースによると、かなり年を取り、もう自分の年齢を覚えていないが、「時代遅れ」になりたくないため、友人たちのアドバイスに耳を傾け、独自の仮想通貨をつくることについて考えたという。

なおジェド・マロースは「電子機器が発達しても手書きの手紙の方が好きだ」と語った。

ジェド・マロースは新年を前にロシア全土を旅している。ウラジオストクを11月1日にスタートし、12月30日にモスクワにゴールする。

ジェド・マロースは各都市に2日間滞在し、その都市のメインのツリーに明りを灯し、子供がたくさんいる家庭や低所得の家庭、小児専門病院などを訪れる。

関連ニュース

初のビットコイン億万長者が報じられる

タグ
ビットコイン, 経済, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント