14:37 2018年11月14日
Su-57

新型エンジン搭載の戦闘機Su-57が初飛行【動画】

CC BY-SA 3.0 IGO / Alex Beltyukov / Sukhoi T-50
ロシア
短縮 URL
0 151

第2段エンジンを搭載した第5世代戦闘機Su-57(T-50)が初飛行を実施した。ロシア産業貿易省広報部が伝えた。

スプートニク日本

17分間の飛行試験は正常に行われた。

マントゥロフ産業貿易相は「独自のグライダー、革新的なデジタルデバイス、最新型エンジンなど先進的な高知能システムを作り出せるロシア飛行機製作産業の高い潜在性を証明するものだ」と評価した。

Su-57(T-50)は、新型アビオニクスと位相配列アンテナの電波探知器を搭載した第5世代航空機で、PAK FAプロジェクトで開発されている。この爆撃機は亜音速飛行が可能で、遠距離型航空機Tu-160、Tu-95MS、Tu-22M3が抱えている課題を解決することができる。ロシア国防省のボリソフ次官は記者団に対し、PAK FAの量産は2028年か29年に開始する予定であることを明かした。

関連ニュース

スホイ57第5世代の軍備時期が明らかに

タグ
武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント