19:38 2019年12月12日
戦闘機

ロシアの新型遠距離戦闘要撃機の特性が明かされる

© Sputnik / Vitaliy Ankov
ロシア
短縮 URL
0 101
でフォローする

世界のマスコミはロシアの新型MiG-41について、超音速ミサイルを撃ち落とすことができる、このクラスでは世界で最も速い新型遠距離戦闘要撃機になると騒ぎたてている。

スプートニク日本

ロシア議会上院(連邦会議)の国防安全保障委員会がプレスに明らかにしたところによれば、「射程距離は700キロから1500キロの範囲となる。空対空クラスのR-37や今まで全くない新たなミサイルを搭載しうる。」

MiG-41は2028年に使用終了期限を迎えるMiG-31の後継と目されており、MiG-41自体の使用開始は2025年以降に計画されている。

関連ニュース

第5世代ロシア戦闘機の本格生産スタート時期が明らかに

ロシア、第4世代戦闘機に搭載の戦闘人工知能について明かす

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント