22:13 2018年01月16日
東京+ 8°C
モスクワ-8°C
    PAK DAのコンセプト

    ロシア 最新ミサイル機のテスト機が製造開始へ

    © 写真: militaryrussia.ru
    ロシア
    短縮 URL
    0 90

    ロシアは近い将来すでに次世代型の長距離用戦略ミサイル爆撃機(PAK DA)の飛行テスト用サンプルの製造作業を開始する可能性がある。ロシア上院(連邦会議)国防安全保障委員会のスポークスマンが記者団に対して明らかにした。

    スプートニク日本

    上院国防安全保障委員会のスポークスマンは「我々はすでに試験用の第1機の製造開始までこぎつけた」と述べ、製造に必要な学術調査作業は終了の最終段階にあることを明らかにした。

    PAK DAの軍備は計画では2025年から2030年。現在使用されているTu-22M3とTu-95MSに交代し、その後Tu-160に代わる。

    関連ニュース

    ロシアの新型遠距離戦闘要撃機の特性が明かされる

    新型エンジン搭載の戦闘機Su-57が初飛行

    タグ
    武器・兵器, ロシア軍, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント