13:42 2018年10月16日
露国防省、極圏での迎撃機と爆撃機の訓練動画を公開

露国防省、極圏での迎撃機と爆撃機の訓練動画を公開【動画】

© Sputnik / Vitaliy Ankov
ロシア
短縮 URL
1100

ロシア国防省は、同省のユーチューブチャンネルで、極圏の複雑な気象条件における飛行訓練の動画を公開した。

スプートニク日本

ロシア空軍のパイロットたちは、降雪時、雲が低く垂れ込めている状態、また視界不良の際の離着陸スキルを訓練した。

訓練に参加したのは迎撃機MiG-31と爆撃機Su-24。様々な高度、速度、過負荷での高等な飛行術形態も実行された。

訓練は、パイロットのための統一された訓練方法の作成や、必要とされるトレーニング状態のレベルの維持を目的としている。

MiG-31は、2人乗りの超音速迎撃戦闘機。ソ連時代の1980年代に軍に導入され、ソ連初の第4世代戦闘機となった。その後は近代化が繰り返され、現在はロシア、カザフスタン、北朝鮮の各空軍で使用されている。

Su-24は、可変翼方式を採用した戦術爆撃機で、MiG-31とほぼ同時期の1980年代に軍に導入された。Su-24は、シリアでのロシア航空宇宙軍による対「ダーイシュ(IS、イスラム国)」作戦で積極的に使用された。なお2015年にロシアのSu-24爆撃機1機がトルコのF-16戦闘機によって撃墜され、パイロット1人が死亡した。これによりロシアトルコの関係が悪化した。

  • MiG-31
    MiG-31
    © Sputnik / Vitaliy Ankov
  • MiG-31
    MiG-31
    © Sputnik / Ildus Gilyazutdinov
  • MiG-31
    MiG-31
    © Sputnik / Vitaliy Ankov
  • Su-24
    Su-24
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
  • Su-24
    Su-24
    © Sputnik / Vitaliy Ankov
  • Su-24
    Su-24
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
1 / 6
© Sputnik / Vitaliy Ankov
MiG-31

関連ニュース

ロシア工兵部隊が「空気で」兵器を作る【写真・動画】

露国防省、新たなカラシニコフ銃を採用【写真】

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント