16:05 2018年10月21日
露報道官「『クレムリン・レポート』は露指導部イメージを損ねる可能性」

露報道官「『クレムリン・レポート』は露指導部イメージを損ねる可能性」

© Sputnik / Iliya Pitalev
ロシア
短縮 URL
0 91

米国で公表されたいわゆる「クレムリン・レポート(クレムリン・リスト)」について、感情に身を任せる必要はないが、このような詳細なリストの公表は、言うまでもなく、リストに掲載された企業家や政治家のイメージに損害を与える可能性があると、ロシアのペスコフ大統領報道官が30日述べた。

スプートニク日本

ペスコフ氏は、「今回のような公表は先例がないため、まずは(リストを)分析することが必要だ。一方では、リストがいかなる形でも制裁や制限ではないということについての膨大な数の但し書きがある。しかし他方では、このような単純に何もかも掲載した、最大限考えられ得るリストを公にするということは、恐らく、イメージや評判にも、我々の企業や企業家、政治家、そして指導部メンバーにも損害を与える可能性が潜在的にあるだろう」と述べた。

米財務省は30日にかけての深夜、「クレムリン・レポート」を公表した。このリストには、ロシア指導部および大企業幹部のほぼ全員、合計200人を超える人物の名前が掲載されている。

タグ
制裁, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント