03:59 2018年12月17日
3連休を前にモスクワは 異常な寒さ 最低マイナス28度まで

3連休を前にモスクワは 異常な寒さ 最低マイナス28度まで

© AP Photo / Maxim Marmur
ロシア
短縮 URL
150

ロシア気象庁は、明日23日から来週水曜28日までの6日間、ロシア中央部は異常な寒さに見舞われ、気温は通常より7度から18度も下回る予報を発表した。

スプートニク日本

深夜の気温はロシア中央部の中心部ではマイナス22度から28度に、北部ではマイナス30度から35度にまで達する。

気象庁はこれをうけて首都モスクワおよびその周辺の気象危険度を最大レベルから1段階だけ低い「オレンジ」にまで引き上げた。またモスクワでは今日から明日にかけての深夜の気温はマイナス20度から22度にまで下がり、25日および26日はそれよりさらに3-4度下がる予報が出されている。

気象庁によれば、この急激な気温の低下はシベリア北部からロシアのヨーロッパ地域にかけ北極の冷たい空気が流れ込むために起きている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント