07:30 2021年03月09日
ロシア
短縮 URL
1100
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は、鼻を骨折したり、ピオネール(少年団)に入れてもらえなかった少年時代について語った。

スプートニク日本

プーチン大統領は新作映画『プーチン』のインタビューで、ピオネールに入れてもらえなかったことについて、「悪ふざけをしたんだ、もちろんね。ただ入れてもらえなかったんだ。でも後で入れてくれた。レスリング、サンボ、柔道をするようになり、徐々に変わり始め、それまでよりもよく勉強するようになった」と語った。

なおプーチン大統領によると、同氏が初めて取り組んだスポーツはボクシングだった。プーチン大統領は「ボクシングで鼻を骨折して、まだ治らないうちにレスリングに方向転換した」と語った。

プーチン大統領は映画の中で両親についても語っている。プーチン大統領の両親は息子がスポーツに取り組むことを常に応援したわけではなく、音楽を学ばせようと考え、バヤン(ロシア式アコーディオン)をプレゼントしたこともあったという。

またプーチン大統領は「私は父親が私のいるところで汚い言葉で罵っているのを聞いたことは一度もない。一度もね」と語った。

関連ニュース

安倍首相、プーチン大統領の強い精神と愛国心を称賛

プーチン氏、熊に乗っている写真にコメント

タグ
インタービュー, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント