21:36 2018年12月19日
病院

ロシア人のがん、脳卒中、心臓発作の死亡率が低下

© Fotolia / Photographee.eu
ロシア
短縮 URL
2110

ロシアのがん死亡率が3年ぶりに減少した。ロシア連邦統計局が発表した。

スプートニク日本

同局によると、2017年のがん死亡率は28万9000人で、前年比3.5%減となった。

また10万人あたりのがんによる死亡者数は5年ぶりに200人未満の196.9人となった。

一方、公式データによると、ロシアのがん患者数は増加し続けている。専門家らはこれを診断手段の向上と関連付けている。

先にロシアのヴェロニカ・スクヴォルツォワ保健相は「ロシア新聞」のインタビューで、心血管疾患の死亡率が急激に減少したと語った。同氏によると、過去5年間で脳卒中の死亡率は25%、心筋梗塞の死亡率は17%低下したという。

関連ニュース

ロシア、出生数・死亡数ともに減少

ロシア人の主な死因とは?

タグ
ガン, 医学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント