19:06 2019年12月09日
プーチン大統領

プーチン大統領 2019年、ロシアは火星飛行ミッションを実現【動画】

© Sputnik / Alexey Druzhinin
ロシア
短縮 URL
1100
でフォローする

プーチン大統領は、月プログラムの実現後、2019年までに火星への飛行ミッションを開始し、新たな月探査の枠内でロシア人専門家らは極点への着陸を実現できるよう努めることを明らかにした。プーチン大統領は先日、アンドレイ・コンドラシェフ記者の質問に答えた伝記映画の中でこれを明らかにした。

スプートニク日本

このために有人、無人の両方の宇宙飛行が計画されていると語り、こうした新月探査プログラムはソ連時代にあったものとは異なると指摘した。

「我々の専門家らは極点への着陸を実現させようとしている。なぜならそこには水があると考えうる根拠があるからだ。そうであればやることはある。そこから宇宙の遠い他の惑星の調査が始められる。」

関連ニュース

露中、月と深宇宙探査に関する合意に調印

ロシアのローンチ・ヴィークル アンゴラ初の人工衛星を軌道投入

タグ
宇宙, ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント