21:03 2020年09月29日
ロシア
短縮 URL
スクリパリ氏服毒事件 (123)
259
でフォローする

神経剤「ノビチョク」(新入り)を生み出したビル:ミルザヤノフ氏はBBCロシアのインタビューに対し、その解毒剤や英国でノビチョクを用いた暗殺未遂の被害を受けたロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんを助けるチャンスについて語った。

スプートニク日本

ミルザヤノフ氏によると、ノビチョクが使われたかは瞳孔の縮小と視力の悪化で判別できる。その後、使用量が多くなると痙攣が起き、呼吸が止まる。応急処置は有機リン化合物への解毒剤として用いられる抗コリン作用薬であるアトロピンやアフィン(aphin)。「他のより強力な解毒剤も開発された。それは存在し、この毒物の効果を止める役に立つ。だが!それらは人間を治癒しない」とミルザヤノフ氏は指摘した。

ミルザヤノフ氏は、ロシア連邦軍参謀本部情報総局の元職員であるスクリパリ氏とその娘の死を免れることしかできないとして次のように指摘する。「英国ではおそらく、遅くはあってもアトロピンやアフィンを静脈に注入し、効果はあっただろう。だが、すでに不可逆的な損傷、身体の損傷がある。」

ミルザヤノフ氏は14日、スクリパリ氏に謝罪したいと語り、「この兵器開発に関与したことが残念でならないと彼に伝えたい」と述べた。

関連ニュース

トピック
スクリパリ氏服毒事件 (123)
タグ
事件, 英国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント