22:43 2020年04月10日
ロシア
短縮 URL
0 43
でフォローする

モスクワ州ヴィドノエに住む女学生ワーリャ・ベネシエルさんは英国のエリザベス女王、ローマ教皇フランシスコ、ロシア正教会のキリル総主教に手紙を書くと決心し、全員が返事をくれた!

スプートニク日本

ベネシエルさんは、返事の期待を全くせずにクリスマスを祝うメッセージを送った。

​キリル総主教からの手紙には、新年とクリスマスのお祝いと、意義ある冬休みの祈願が含まれていた。

フランシスコ教皇の手紙では、バチカン市国の役人がベネシエルさんに回答。心のこもった温かいクリスマスと新年のお祝いを感謝するとともに、善と平和を願った。

バッキンガム宮殿からは、エリザベス女王の侍女が返事を書いた。それによると、女王は手紙を喜んだが、個人的に返事を書くことはできなかったとして、「女王はあなたの優しさを非常に評価しています…そしてもう一度、書いていただいたことに感謝します」と書かれている。

関連ニュース

クリスマスプレゼントを願う「心が痛む」手紙がFBで話題に

最古のボトルメッセージが見つかる オーストラリア

タグ
ローマ法王, エリザベス2世, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント