21:16 2020年08月04日
ロシア
短縮 URL
1261
でフォローする

戦略爆撃機「Tu-160M2」の改良にかけることで、ロシアは戦略航空部隊を発展させる賢明で手の届く手段を選んだとの見方を、米誌ナショナル・インタレストに寄稿するデイブ・マジュムダール氏が示した。

スプートニク日本

マジュムダール氏は、新型爆撃機には航続距離を1000キロ伸ばす改良型エンジンを搭載すると指摘する。

長距離ミサイルも実戦配備されると見られる。

マジュムダール氏によると、改良型「Tu-160M2」は超音速爆撃機の開発より経済的で技術的に実現可能である。

この特徴は全て、改良型「Tu-160M2」を北大西洋条約機構(NATO)にとっての真の悪夢に仕立て上げるという。

Tu-160は最も大きな可変翼航空機で、世界でも最も強力な機体の1つである。

関連ニュース

露国防省、極圏での迎撃機と爆撃機の訓練動画を公開

露国防省、雲を切り裂く爆撃機の希少写真を公開

タグ
軍事, 武器・兵器, NATO, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント