14:05 2018年08月15日
ゴルフ

沿海地方にゴルフクラブとアルペンリゾート出現か

© Flickr/ Trysil
ロシア
短縮 URL
0 10

賭博ゾーン「プリモーリエ」におけるロシア最大のカジノ「Tigre de Cristal」の運営者が、自らのプロジェクトの第2段階として、アルペンリゾートとゴルフクラブを建設する可能性があると述べた。沿海地方の行政当局が明らかにしている。

スプートニク日本

「ジー・1・エンターテインメント」社のスティリアノス・ツィフェタキス常務取締役は、「我々の指導部は非遊戯セクターの発展に展望を見ており、建設の第2段階の一環として娯楽施設の建設に力点を置くことを計画している。[・・・]既に今年の夏に、我々の新たな娯楽複合体の大まかな計画が最終的に承認されることを予定しており、我々は沿海地方指導部にこれを提出することができるだろう」と語った。

常務取締役によると、ゴルフクラブとアルペンリゾートの建設の可能性が検討されており、賭博ゾーン「プリモーリエ」で一年中休養することが可能になる。その他、ある株主は極東で最大規模のショッピングセンターの一つの建設を計画している。

2015年の秋、賭博ゾーン「プリモーリエ」で、ロシア最大のカジノ「Tigre de Cristal」の営業が開始。沿海地方政府によると、2年間のカジノ営業でロシアの予算にはおよそ12億ルーブルの税収がもたらされた。2019年にプロジェクトの第2期を実現する指導部の計画では、5億ドルの費用がかかる。

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント