05:14 2018年08月19日
パスハ(復活祭)

正教徒、パスハ(復活祭)を祝う

© Sputnik / Alexandr Kryazhev
ロシア
短縮 URL
0 110

8日、正教徒たちはキリスト教の重要な祝日「パスハ(復活祭)」を祝っている。パスハとその後に続く1週間「光明週間」には、特に厳かなパスハの祈祷が行われる。

スプートニク日本

教会はこの日、罪と死に対するキリストの勝利を思い出している。パスハの祝日には、神が人となったのは人が神となるためであった、という救いに関する正教の教義の本質がすべて収められている。

  • パスハ(復活祭)
    パスハ(復活祭)
    © Sputnik / Sergei Pyatakov
  • パスハ(復活祭)
    パスハ(復活祭)
    © Sputnik / Sergei Pyatakov
  • パスハ(復活祭)
    パスハ(復活祭)
    © Sputnik / Alexey Malgavko
  • パスハ(復活祭)
    パスハ(復活祭)
    © Sputnik / Sergey Pyatakov
  • パスハ(復活祭)
    パスハ(復活祭)
    © Sputnik / Maksim Bogodvid
  • パスハ(復活祭)
    パスハ(復活祭)
    © Sputnik / Maksim Bogodvid
  • パスハ(復活祭)
    パスハ(復活祭)
    © REUTERS / Valentyn Ogirenko
1 / 7
© Sputnik / Sergei Pyatakov
パスハ(復活祭)

パスハにかけての夜の祈祷は特に厳かで、正教会のすべての小教区で行われ、モスクワ総主教管区だけでもその数は3万を超える。

まさにロシア正教会の会衆が、正教会の主要部分を構成している。世界の人口のおよそ2億5000万人が、自身を正教徒だと考えている。

パスハの祈祷後、正教徒たちは、教会で清められた、色付けされたパスハの卵やクリーチと呼ばれる円筒形のケーキを食べる。

関連ニュース

復活祭まで1週間:正教徒「柳の日曜日」を祝う

タグ
文化, 宗教, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント