22:49 2018年05月20日
東京+ 16°C
モスクワ+ 11°C
    メッセンジャー「テレグラム」

    露メッセンジャー「テレグラム」創設者 守秘義務は売らない

    © Depositphotos / ulyana_andreeva
    ロシア
    短縮 URL
    0 37

    メッセンジャー「テレグラム」の設立者パーヴェル・ドゥーロフ氏はロシアの司法がロシア領域での「テレグラム」の使用を禁止する判決を下したことについてコメントし、自分の立場はユーザーの私的生活権を守ることにあると説明した。

    スプートニク日本

    ドゥーロフ氏は「守秘義務は売りものではなく、人権は恐怖や吝嗇によって脅威にさらされてはならない」と強調し、今後は迂回メソッドを用いて、使用禁止の穴を潜り抜けると語っている。

    関連ニュース

    ロシアでまたもや大手メッセンジャー使用禁止、今度は「テレグラム」

    FSB長官「テロリストが暗号通貨とメッセンジャーアプリを積極的に利用」

    タグ
    SNS, インターネット, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント