13:56 2018年10月21日
プーチン大統領

ロシアは米のシリアへの攻撃受け安保理緊急会合を要請する=プーチン氏

© Sputnik / Mikhail Klimentyev
ロシア
短縮 URL
1351

米英仏が土曜日、シリアにミサイル攻撃を加えたことを受け、ロシアは国際連合安全保障理事会の緊急会合の開催を要請する。プーチン大統領が発表した。

スプートニク日本

「ロシアは、米国とその同盟国による攻撃行為を協議するために国連安保理の緊急会合の開催を要請する」とプーチン氏は述べた。

「米国はその行動で、シリアの人道危機をさらに深刻化させ、民間人に苦しみをもたらし、シリア国民を7年に渡り苦しめているテロリストに本質的には寄与し、この国と地域全体からの難民の新たな波を誘発している。シリア情勢の現在のエスカレーションは、国際関係システム全体に破壊的な作用を及ぼす。歴史は全てをあるべき場所に収める。そして歴史はすでに、ユーゴスラビアやイラク、リビアとの血濡れた暴力に対して、米国政府に重い責任を課した」とプーチン氏は指摘した。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 国連, ウラジーミル・プーチン, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント