08:29 2018年05月27日
東京+ 18°C
モスクワ+ 13°C
    「アレクサンドル・ネフスキー」

    ロシアの原子力潜水艦2隻が「決闘」

    © 写真 : Рress-service of JSC "PO "Sevmas"
    ロシア
    短縮 URL
    0 90

    ロシアの戦略原子力潜水艦「ウラジーミル・モノマフ」と「アレクサンドル・ネフスキー」がカムチャツカで演習を行い、「決闘」を演じた。ロシア軍太平洋艦隊広報サービス情報提供課のニコライ・ヴォスクリセンスキー課長が発表した。

    スプートニク日本

    同氏によると、2隻の原子力潜水艦の乗組員が「決闘の状況を演じ」、双方が武器を使用する中で攻撃と反撃の演習を行った。

    演習では「ウラジーミル・モノマフ」が仮想敵の「アレクサンドル・ネフスキー」に対して訓練用魚雷を発射し、報復攻撃をうまく回避した。ヴォスクリセンスキー氏が伝えた。

    「ウラジーミル・モノマフ」と「アレクサンドル・ネフスキー」は戦略任務ミサイル潜水巡洋艦。弾道ミサイルを搭載することができ、ロシア軍の核の3本柱の一部となっている。

    関連ニュース・記事

    タグ
    軍事演習, 軍事, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント