14:57 2018年09月25日
WADAWADA告発者ロドチェンコフ氏

ロシア捜査委員会、WADA告発者ロドチェンコフ氏のデマの証拠を集める

© AFP 2018 / Marc BRAIBANT © Sputnik / Valeriy Melnikov
1 / 2
ロシア
短縮 URL
IOC ロシア選手団の平昌五輪出場を認めず (41)
0 121

ロシア連邦捜査委員会は、ソチ五輪期間中のロシア選手によるドーピングの検体すり替えを世界反ドーピング機関(WADA)に告発したロドチェンコフ氏の主張を覆す証拠を集め、WADAに送付した。

スプートニク日本

ロドチェンコフ氏の証言によると、2014年ソチ五輪でロシア選手の検体は回収後ラボラトリーに保管され、毎夜「汚れた」検体が潔白なサンプルに入れ替えられていた。

ロシア捜査委員会は2014年にソチのラボで働いていたWADAの全職員に質問。検体は全て昼間にラボラトリーに到着して登録され、最大2時間以内には検査に回されたことが判明した。そのため、深夜に検体のすり替えが行われたことはあり得ない。

捜査委員会は、真実を特定してロシアのスポーツを誹謗中傷から解放するため、WADAや国際五輪委員会(IOC)そのほかの適格な機関と協力する用意があるとの考えを示した。

関連ニュース・記事

トピック
IOC ロシア選手団の平昌五輪出場を認めず (41)
タグ
スキャンダル, 捜査, スポーツ, 五輪, WADA, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント