04:30 2018年05月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 17°C
    老人(アーカイブ)

    ロシア最高齢の年金受給者は、エッフェル塔と同じ年に生まれた

    © Fotolia / Sondem
    ロシア
    短縮 URL
    241

    ロシア最高齢の年金受給者は、1889年7月1日に生まれた女性だ。チェチェン共和国に住んでいる。ロシア年金基金がRTテレビに伝えた。110歳以上のロシア人計37人が年金を受け取っている。エッフェル塔は1889年、パリ万博の際に建設された。

    スプートニク日本

    最高齢の女性の名前はコカ・イスタムブロワさん。イスタムブロワさんはチェチェン共和国ナドチェレチニ地方ブラツコエ村に住んでいると、女性の孫イリャス・アブバカロフさんが伝えた。イスタムブロワさんには6人の孫と16人のひ孫がいる。

    メドベージェフ首相は下院で任命された際に、ロシアの年金受給開始年齢の引き上げの議論が実質的な面に入ってきたと発言。政府は「まもなく」現在男性60歳、女性55歳の受給開始年齢の引き上げに関する法案を提出すると述べた。

    関連ニュース

    タグ
    高齢者, びっくり, ドミートリー・メドベージェフ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント